teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


自由落下

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月22日(木)07時54分21秒
  無限小の領域 VS 重力勾配。バカバカしくありません?  
 

自由落下

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月19日(月)06時55分53秒
  7月28日書き込みの客車の図をジョークとしました。もしかしたらエレベーターの図もまたジョークなのでは。  

加速系と非加速系(再言)

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月18日(日)07時49分39秒
  二つの系はどう違うのでしょう。加速系はエーテルに対しての加速運動をしている系なのでしょう。加速運動と慣性力とはことの表裏、定性的定量的に対応しているのでしょう(ベクトルとして)。もとより、慣性力は見かけの力ではありません。  

自由落下(戯文)

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月17日(土)08時21分28秒
  まだエレベーターに閉じ込められているんですか

エレベーターのなかでは重力と慣性力の反対向きのベクトル。大きさには多少の差。無限小の領域(中心付近の)では差は消えます。外の人には明らか。なかの人もエレベーターに閉じ込められているのは分かっているんでしょ。

重力は作用、慣性力は反作用です。もちろんベクトルの大きさは計量できます。なかの人には教えない?信者だから?
 

時間の遅れ

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月15日(木)15時31分18秒
  以前の書き込みの手直しです。光源が輝いています(周波数は一定)。観測者が四人、二人一組で光源から見て反対方向ヘ同速、等速で遠ざかっています。隣合った二人の観測者には時間の遅れはありません。時間の遅れはデタラメ。  

作用反作用の法則

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月13日(火)11時42分4秒
  平面上の問題(摩擦なし)としましょう。質点に作用のベクトルが一つかかるとします。反作用が生じます。その反作用は慣性力である場合と慣性力でない場合とがあるでしょう(両者の合力は除く)。

通説は慣性力は作用反作用たり得ないとしているようです。小生の思い違い?
 

慣性力について(再言)

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月 8日(木)08時31分20秒
  一つの質点とそれに作用する複数の力のベクトルをイメージしましょう。質量が加速をしているか否かは質点を任意の慣性系から見れば知ることができます。加速をしていれば力には慣性力のベクトルが一つ含まれています。それが見かけでないことは図の状況からして明らかです。

質点と力のベクトルそれぞれ(慣性力を含む)には作用反作用の法則が成り立っているでしょう。
 

慣性力が見かけ?

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月 7日(水)14時29分39秒
  ニ物体が衝突をしました。ma=F=m'a'です。慣性力が見かけ?

上記のように不明瞭なこともありますが、慣性力は作用反作用の法則の作用または反作用でしょう。真の力です。見かけと思われる図を目にしたことはありません。
 

マックスウェルの方程式

 投稿者:中山  投稿日:2019年 8月 6日(火)07時47分11秒
  いかなる慣性系でも光速(その慣性系の光源の光の)は一定の値を示します。であれば透磁率も誘電率も同じく一定の値でしょう。  

慣性力について

 投稿者:中山  投稿日:2019年 7月31日(水)15時10分21秒
  加速中の客車の床の上(摩擦なし)に物体が二つ置かれています。一は後壁を押しーは前壁に結ばれた紐が伸びきっています。この図は慣性力が作用反作用の法則の作用であることを示しているのでしょう。なお、思うに加速は外力なくして定性的定量的に示すことができるのでしょう。  

レンタル掲示板
/29