teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:石原代理  投稿日:2005年12月16日(金)15時06分58秒
  一般にタンクは海岸に近い埋め立てに建造されているが、地盤が軟弱なため地盤改良を行い、沈下量を計算し基礎を造りタンクを建造して水張りを行い、一般に不等沈下がd/200
以上生じた場合は、修正してオイルを貯蔵出来る筈であった。
それが昭和40年頃、水島地区で水張りが完了して、オイルを貯蔵開始した途中に於いて原油が階段付近から吹き出して、海に流出した大事故が発生した。
其の後、規制が変わって、タンク基礎を造る前に、実荷重のプレロードをしてから、タンク基礎を造り、其の上にタンクを建造して、更に水張りを行ってから、オイルを貯蔵するように規制されてしまった。これでは、企業として暴大な費用と工期を要することになり、国策で行っている石油備蓄の観点から考えると、膨大なる国の損失と思われるので、関係官庁は規制緩和をすべきである。
即ち、タンク基礎工法の比較は下記に示すとおりである
従来工法   :地盤改良―タンク基礎―タンク建造―水張り試験―完了。
規制後の工法 :地盤改良―実荷重のプレロードータンク基礎―タンク建造―水張り試験
        ―完了。
従って実荷重のプレロードを施工する事により、従来工法の2倍以上の費用を要するので企業は莫大な損失を被っている。
尚 従来工法で不等沈下修正が発生した場合は、ウォ-タージェツト工法を採用すれば費用はプレロードの1/100位ですみます
 
 

testotesuto

 投稿者:石原代理  投稿日:2005年10月30日(日)10時28分44秒
  一般にタンクは海岸に近い埋め立てに建造されているが、地盤が軟弱なため地盤改良を行い、沈下量を計算し基礎を造りタンクを建造して水張りを行い、一般に不等沈下がd/200
以上生じた場合は、修正してオイルを貯蔵出来る筈であった。
それが昭和40年頃、水島地区で水張りが完了して、オイルを貯蔵開始した途中に於いて原油が階段付近から吹き出して、海に流出した大事故が発生した。
其の後、規制が変わって、タンク基礎を造る前に、実荷重のプレロードをしてから、タンク基礎を造り、其の上にタンクを建造して、更に水張りを行ってから、オイルを貯蔵するように規制されてしまった。これでは、企業として暴大な費用と工期を要することになり、国策で行っている石油備蓄の観点から考えると、膨大なる国の損失と思われるので、関係官庁は規制緩和をすべきである。
即ち、タンク基礎工法の比較は下記に示すとおりである
従来工法   :地盤改良―タンク基礎―タンク建造―水張り試験―完了。
規制後の工法 :地盤改良―実荷重のプレロードータンク基礎―タンク建造―水張り試験
        ―完了。
従って実荷重のプレロードを施工する事により、従来工法の2倍以上の費用を要するので企業は莫大な損失を被っている。
尚 従来工法で不等沈下修正が発生した場合は、ウォ-タージェツト工法を採用すれば費用はプレロードの1/100位ですみます。
 

レンタル掲示板
/1