teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:42/789 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: お世話になっております!

 投稿者:nekosan  投稿日:2015年 6月10日(水)00時39分58秒
  通報 返信・引用
  > No.755[元記事へ]

猫サックスさんへのお返事です。



> 導電性アルミテープ、一つだけやってみました。
> 素人工作的にはいける感じです。(スイッチとして動く。)
>
> 100均のアルミテープより反応もかなり良くなりました。(連打の際とか)
> これから12音分をこれで作ってみて100%の確立で、
> 押したら常に反応してくれればいいなぁと思っています。


ちゃんと動くようになったっていうのは、安心材料
ですね。



> しかし、何か他にもっと確実でマトモなフットスイッチになるパーツは無いものかと探してはおりますが・・・。


ふと思ったのですが、

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07647/

フォトインタラプタなら、接触時のチャタリングとか、
表面の磨耗による劣化とかを考える必要もないので、
オン/オフの入力だけでいいのなら、扱いが楽かも
しれません。電子部品や接点周りの耐久性について、
あまり考える必要もなくなるし…

上記のフォトインタラプタなら、アンプも内蔵なので、
そのままArduinoに繋いでも、比較的安定してオン/オフ
のデジタル入力に使えるかと。


ただ、片側がLEDそのもので、常時点灯しておいて
使うことになるので、消費電力はちょっと気になります。
まぁ、入力処理を行うときだけLEDを点けるっていう手
もあるとは思いますが、処理がちょっと面倒になって
きますね。




> I2CやSPI関連の本を本屋さんに明日、探しに行ってきます!
> 多分読んでもちんぷんかんぷんかもですが。(笑)


ArduinoでSPIやI2Cを使う使用例は、マスター側として
使うものが多いのですが、SPIは、スレーブ側は探して
みてもあまり見つからない感じでした。
(ArduinoでSPIのスレーブ側処理を使ったことが
 無いのですが、ライブラリがSPIスレーブに対応
 してないのかも)

SPIは比較的単純ですが、I2Cは信号フォーマットが
けっこう難解なので、扱いは面倒かもしれません。

どちらも、スレーブ側処理を行う側の機器が、タイミング
クリティカルになってしまうので、処理がちょっと厄介
です。
特に、静電容量を使ったタッチセンサだと、入力処理
と通信処理でタイミング調整が大変になると思います。

スイッチ的なデジタル入力であれば、タイミングの問題
はあまり考えなくても大丈夫だと思うので、デジタル入力
スイッチで使うのが安全かと。
(アルミ箔テープでも、フォトインタラプタでも)


I2Cは、信号は複雑なのですが、配線は簡単だし、
中身はライブラリで包んでくれているはずなので、
もしI2Cが解れば、こっちのほうが便利かもしれません。

まずスイッチとか使わずに、単純なデータ通信処理を
Arduino2台でI2C使ってやってみると、感触がつかめる
かもしれません。

 
 
》記事一覧表示

新着順:42/789 《前のページ | 次のページ》
/789